脱毛サロンの現状

脱毛サロンの現状

脱毛サロンで以前、私の患者さんが友人に、こんなことを言われたそうです。

 

「この間、分かったんだけど、エステの永久脱毛って永遠に通うっていう意味だよね!?」と。

 

エステの脱毛は、現時点でも針脱毛による「ミックス法」と呼ばれるものが主流です。

 

このやり方は、毛包を少しずつ弱らせていくやり方ですが、

 

日本医学脱毛協会加盟病医院で使用している絶縁針脱毛と比べ、

 

5倍もの長さがかかるやり方でもあるのです。

 

さらに、脱毛するエステティシャンの技術能力で6倍も7倍もの長さがかかってしまいます。

 

今回、エステの脱毛について、より深く知りたいと思い、

 

某エステに勤めているスタッフに、実際の施術場ではブレンド法でどのような脱毛をしているのか?

 

そして、エステの実態はどのようになっているのかを教えて頂きました。

 

彼女は、大手脱毛エステサロンや個人サロン経営店など4社で、

 

エステティシヤンとして9年間働いている人です。

 

私が初めて勤めていたところは中堅の脱毛エステサロンたったのですが

 

、脱毛にはかなり真面目に取り組んでいたほうだと思います。

 

3力月間、皮膚や毛の構造なども含めた脱毛施術やフェイシャル、マッサージについて学びました。

 

その後、実際の施術で脱毛をおこないましたが、最初は心臓バクバクでしたね。

 

ゆとりを持って脱毛できるようになるまでには、1年から2年ぐらいかかったと思います。

 

慣れてきてからも、脱毛に関しては、それなりに慎重にやってきました。

 

はたして皮膚トラブルがあったり、ムダ毛がなくならないと、すぐさまお客様からクレームがきますからね。

 

初めて勤めていた中堅脱毛サロンがのちに、ある大手脱毛サロンと合併したんですが、

 

そこの脱毛のひどさに驚きました。

 

その日、私が脱毛を受け持ったお客様の診断書を見てみたら、

 

ワキの脱毛になんと4年以上も通っているんです。

 

普通、2年も通えばキレイになるはずなのに、その方のワキ毛は、

 

今から脱毛を開始する人のようにワキ毛が生えたままでしたぁ。

 

自然に生えてきたワキ毛は毛先が細いのですが、

 

脱毛が今ひとつだったケースでは、毛先が平らで途中で切れてしまったような毛が生えてくるんです。

 

4年間も通っているお客様のワキ毛はほとんどすべての毛先が平らだったので、

 

一瞬で脱毛がキッチリとできていないとわかりました。

 

脱毛は、脱毛施術者の腕次第というのを実感した出来事でしたね。

 

例えば、プローブ(針)が正しい位置まで届いていないと、脱毛が不十分で、またすぐに毛が生えてきます。

 

それから、通電タイムが長かったり、通電してるときに手が痒くなったりすると、

 

軽い熱傷のような状態になることがあります。

 

よく、エステの脱毛は危険だと言いますよね。

 

しかし、私はそうは思いません。特に大きなトラブルというのも、かつてはありませんでしたから。

 

エステは駄目だ、って言われても、会社がやれって言うんだから…仕方ないっていう感じですね。

 

それに、美しくなるんだからいいじゃん、と思ってる方も多いですよ。