脱毛サロンの現状

脱毛サロン

7〜8年前に脱毛エステの針脱毛が違反だと騒がれたときは、

 

脱毛エステでも脱毛のときにマスクと手袋をやっと着用するようになって、

 

施術環境がよくなったって喜んじゃいました。

 

それまでは、手袋なしで針を触らなくてはいけなくて、

 

率直にどこかしら病気に感染したら怖いなって思ってましたからね。

 

でも、手袋といってもほんとうに薄い形のものなので、病気に感染に対する恐怖心は今でもありますね。

 

血液検査を実施するわけじゃないから、お客様がどこかの病気にかかっているかどうかわからないですから。

 

エステへの批判で多いのが、チケット制や数力月で数万円キャンぺーンなどで、

 

脱毛予約が取れないという事例がありますよね。

 

各エステで脱毛できる個室や脱毛施術士の数が限られてますから、

 

早い者勝ちっていうんでしょうか!?。早めに予約をしていただければ、予約は取れるんですよ。

 

やはり、会社の方針としては、基本的に脱毛を希望されるお客様をお断りすることはありませんから、

 

脱毛施術士の数に比べてお客様の数が多くなってしまいます。

 

だからこそ、早め早めに予約を取ってもらう方法しか解決はないですね。

 

でも、エステが中傷されても仕方がないな、と思うことはあります。

 

例えば、お客様が痛みを申し出たとしますよね。

 

その時節はとりあえず、

 

「寝不足じゃないですか?」とか「月経の前後は、痛みを強く感じますから…」と、

 

まずはお客様の体調良し悪しを聞くんです。

 

体調のせいでなければ「身体の水分量の不足ですね。

 

乾ききっていると痛いんですよ。では、保湿トリートメントを塗ってからやりましょう」ということになります。

 

もちのろん、保湿トリートメントは別途料金。

 

社長からは、これを営業トークに使って、売り上げをアップするように指導されますが、

 

私にはそれができない性格なのであまり営業トークはしません。

 

技術はなくとも営業トークバリバリで売り上げを伸ばし、

 

ポジションアップしていくエステティシャンもいますけどね(笑)

 

エステの現状を彼女は包み隠さず話してくれました。この話、どう受け止めますか?